妙に孤独で、変に心細い。そんな雨の日に開きたい詩集のような一冊。 | 写真集で旅する本屋さん | Photobooks on the Road

2019/09/28 10:56



アンニュイでメランコリック
写真で紡ぐ詩のような写真集




沖縄からこんにちは。
店長のやまうちです。


みなさん、雨の日は好きですか?


僕、結構好きなんです。

なんだか物憂げでメランコリックで、
静かに物思いに沈んでいきたくなっちゃいます。


今日はそんな気分に浸れる一冊、
ソール・ライターの「Early Color」のご紹介。





いいですねぇ(シミジミ


ライターの作品には
ショーウィンドウやガラス、鏡を使ったものが多く、

これがなんとも叙情的な効果を生んでいます。
そして、なんだかとても日本的な感性を感じたりします。


ライターはもともとは画家志望だったようで、
カメラと並行して絵も描き続けていたそうです。

なので
彼の作品はまた、「絵画的」でもあります。







独特な構図やちょっぴり抽象的な表現が
絵画のような「感情の空白」を残してくれている気がします。

なので、見ていると
色々な思いや物語が浮かんでは消えていく…


この感じがいいんですよねぇ(シミジミ





雨の日に感じる、独特の孤独や心細さ。
そして晴れの日には感じられないような心の平穏。

「Early Color」を見ていると
なんだかそんな気分になっちゃうのです。


「写真で紡ぐ詩のような写真集」、と言ったら
伝わりますかね??



Saul Leiter / Early Color / 7900円
- 新品です

↑ 商品ページはコチラ ↑