Mexique 1932-1934 / Paul Strand / Henri Cartier-Bresson / ポール・ストランド / アンリ・カルティエ・ブレッソン | 写真集で旅する本屋さん | Photobooks on the Road

1/10

Mexique 1932-1934 / Paul Strand / Henri Cartier-Bresson / ポール・ストランド / アンリ・カルティエ・ブレッソン

¥ 4,900 税込

¥ 13,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

ひとりひとりにとって世界は違う
そんな当たり前で大切なこと


Mexique 1932-1934 / Paul Strand / Henri Cartier-Bresson


ポール・ストランドと
アンリ・カルティエ・ブレッソン。

いずれも20世紀を代表する写真家です。

実はこのふたり、偶然にも
ほぼ同じ時期にメキシコを訪れていたのです。

ストランドは32年から33年にかけて。
ブレッソンは34年です。


その時のふたりの作品を並列した展覧会が開催され
本書はそのカタログとして出版されたもの。

偉大な写真家の目線を同時に疑似体験できる
なんとも贅沢な一冊となっています。


まずは、
「対象への敬意」を美学とするストランド。

彼のポートレイトからは
その真摯でまっすぐな眼差しから生まれる
独特の深みと奥行きが感じられます。

そして
ぬくもりと生命感までも。

その圧倒的なリアリティを前に
心の中で対話が始まりそうです。


またランドスケープは
夢の中で見た景色のように神秘的。
神々しくさえあります。


何気ない風景や景色の中から
「世界」を見つけ出すその視線。

その鋭さと深みと正直さは
まさに「敬意」からこそ生まれるのでしょう。


一方、
日常からアートを生み出すことにかけては
天才的なひらめきを持つブレッソン。


画家のような視線で切り取る瞬間は
完璧にして絶妙。

そのなんとも愛らしくも魅力的な構図は
無駄がなくソリッドで、なのに、優美で繊細で純粋です。

一瞬にして世界をアートに捉えてしまうそのひらめきには
もう驚きを通り越してフェイクのようです。


自分を取り巻く世界に魅了され続け、
ユーモラスで機知に富んだ目線で切り取る決定的瞬間。

ああ
世の中ってこんなにも美しくて素晴らしいんだ。

ブレッソンの作品を観るたびに
心の扉が開いていくようです。


そんなふたりの
濃厚な世界観をぎゅっと凝縮した一冊。

見方によってこんなにも世界は変わるんだ。
そんな大切なことを教えてくれるようです。


Steidl
ISBN-978-3869304229
18 x 24cm 175pages
Text : French
Condition : New

- 洋書です
- テキスト / フランス語
- ハードカバー

- 新品です

- 表紙の色合いに個体差があります(写真参照)
- 注文時に在庫のあるものから出荷します
- そのため、お客様の方で色を選択することはできません
- ご了承をお願いします

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (12)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 4,900 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品